過払い請求訴訟とは

三田,田町,東京,司法書士,司法書士事務所,債務整理,債権回収,未収金回収,法律,労働問題,不当解雇,残業代請求,港区,東京都,未払い,売掛金未払い,給与未払い,残業代未払い,養育費未払い,慰謝料未払い,管理費未払い,家賃滞納,医療費未払い,診療報酬未払い,売掛金回収,給与回収,残業代回収,養育費回収,慰謝料回収,管理費回収,家賃回収,医療費回収,診療報酬回収,家賃滞納 回収,未払い売掛金,未払い給与,未払い残業代,未払い養育費,未払い慰謝料,未払い管理費,未払い家賃,未払い医療費,未払い診療報酬,借金整理,過払い金,過払い請求,任意整理,個人再生,自己破産,特定調停,裁判手続,法律相談,損害賠償請求,損害賠償請求書,三田,田町,東京,司法書士,司法書士事務所,債務整理,債権回収,未収金回収,法律,労働問題,不当解雇,残業代請求,港区,東京都,未払い,売掛金未払い,給与未払い,残業代未払い,養育費未払い,慰謝料未払い,管理費未払い,家賃滞納,医療費未払い,診療報酬未払い,売掛金回収,給与回収,残業代回収,養育費回収,慰謝料回収,管理費回収,家賃回収,医療費回収,診療報酬回収,家賃滞納 回収,未払い売掛金,未払い給与,未払い残業代,未払い養育費,未払い慰謝料,未払い管理費
過払い請求訴訟とは
過払い請求訴訟

過払い金の返還請求は、必ず訴訟によるというわけではありません。
請求を受けた相手方が請求どおりに全額の支払いをすれば、裁判にはなりません。
しかし、このようなことはほとんどなく、普通は、返還額や返還時期について争いになります。そして、こちらの希望額と相手方の提示額の差が大きい場合など、話し合いがまとまらないような場合には、裁判をする必要が出てきます。

基本的には、ご本人は裁判所に行っていただく必要はありませんが、訴額が140万円を超える場合や上訴の場合など、ご本人に裁判所に行っていただく場合もございます。
ただし、この場合にも裁判所に同行し、スムーズに手続きできるように事前に十分にご説明をしますのでご安心下さい。

 

●過払い訴訟による早期解決

訴訟をするかどうかはご依頼者様に決めていただきますが、訴訟による請求をお勧めしています訴訟をすると手続きが長期化するというイメージをもたれている方が多いですが、実は訴訟によらない任意の交渉の方が、手続きが長期化する可能性があります。
双方が譲らなければ、任意交渉には終わりがないからです。訴訟であれば、最後は判決となるため、必ず一定期間内に解決します。


●過払い訴訟の流れ

過払い請求訴訟を提起した場合、まず裁判所に訴状を提出し、その約1か月後に第1回目の裁判期日が指定されます。そして、最終的に判決にまで至るケースは少なく、第2回目の裁判期日までに裁判外で返還額の合意ができて訴訟が終了し、過払い金が返還されることが多いです 返還額の合意ができない場合には、最終的には判決に至ります。判決に至った場合、判決通りに支払いがなされる場合と、控訴される場合があります。
控訴期日は、判決から約3ヶ月後に指定されます。控訴審判決が出れば、さらに上告が可能ですが、通常は上告まではされず、控訴審判決通りの支払いがなされます。
Share by: